35歳でスキルス胃がんになった。その後。

35歳でスキルス胃がんになりました。抗ガン剤TS-1の副作用により涙道が閉鎖し、常に涙が目からあふれ出ている状態です。

家計簿を再開します。

う…何回目かわからなくなりましたが、家計簿つけをまた3月から再開しようと思います。

家計簿歴

家計簿をつけること自体は結婚してからずっと続けていたことでしたが、がんになって何もかもどうでもよくなってしまい、2015年末からは何も考えずに欲しいものを買い、行きたいところへ行き、食べたいものを食べる生活になっていました。。

「我慢」とか「節約」とか、そういう概念がすべて吹っ飛んでましたね。
悪いことではなかったと思います。
それで救われたこともストレスを発散することもできたので。

そして、ようやく冷静になった2017年8月。
家計簿を再開しました。

家計簿はじめました。 - 35歳でスキルス胃がんになった。その後。

その後、挫折しました。

いよいよメンタルがクソになってまいりました - 35歳でスキルス胃がんになった。その後。


年間支出はアンダーコントロール

年間支出(保険料、固定資産税、車検、自動車税など)は毎月3万6千円ずつ積立をしています。

アラフォー二人暮らしの家計簿:早速来年の固定費を積みあげ始めます。 - 35歳でスキルス胃がんになった。その後。

問題は食費、日用品費、外食費、ペット費などの所謂やりくり費と呼ばれているもの。

きちんとした主婦は決められた金額のなかでやりくりをしているようですが、私はこれがとても苦手。

単純に自分に甘いからだと思うけど。
決められた金額をオーバーしたところで、誰が困るわけでもないし、怒られるわけでもないし。
あくまでも自分の中での線引きだから、結局最終的にはなぁなぁで終わってしまうというのが、今までのパターンでした。

気楽にはじめよう

でもやっぱり色々思うところあって、どんなことがあってもいいようにできるだけミニマムな家計を維持していきたい。
だから3月からまた始めてみます。