35歳でスキルス胃がんになった。その後。

35歳でスキルス胃がんになりました。抗ガン剤TS-1の副作用により涙道が閉鎖し、常に涙が目からあふれ出ている状態です。

スキルス胃がん:告知から丸2年。初めての胃カメラ検査

勿体ぶった書き方をしてしまいすみません。

なんかもう疲れちゃって、ようやく昨日くらいから熟睡できるようになりました。
ただ、パソコンの前に座っても、なかなか言葉が出てきません。

なんかもう…とにかく疲れました。
でも、中途半端にして年越ししたくないので、サラッと書きます。

CT検査と血液検査の結果

・CT検査→ ○ 再発、転移の兆候なし  ・血液検査→ △ CA19-9 の数値が基準値よりも+8

              ↓

血液検査の結果について、医師に「そのときの体調的なものが影響している可能性もあるけど、別の病気の可能性もある」と言われる

              ↓

いろいろとひと悶着ある(書く気力が湧いてきたら詳しく書きます…)
 
              ↓

結果的に胃カメラと大腸カメラ検査を受けることになりました。


術後初めての胃カメラ検査

術後初めての胃カメラ検査でした。

鎮静剤を使用して検査を受けるので、苦しいとかそういう部分の「嫌さ」はないのですが、やっぱり初めてがんが見つかったときのことを思い出し、とても気分が重くなりました。(実は検査の待合室でちょっと泣きました。笑←いまでこそ笑えるけど)

マウスピースを加え、「段々眠くなりますねー」と看護師さんに言われて、その後の記憶はありません。
ただ、検査終了後「○○さーん」という看護師さんの呼びかけでぱっちりと目が覚め、ムクッと起きてしまったので「もう大丈夫なんですか?」と驚かれました。
「もう4回目ですから」となぜかベテラン感を出しました。

検査結果について

10分ほど待って、検査を担当してくれた医師からの説明がありました。

「胃の状態は問題ないです」

胃の中の写真を見せていただけたのですが、ピカピカつるつるのきれいなうすいピンク色でした。
手術で胃を切除して、残った胃と腸とつないだつなぎ目も全然わからないくらいになっていました。

比較対象として、がんが見つかったときの胃カメラの写真を見ましたが、全然違いました。
胃の表面がすべて赤くただれていて…明らかに「これはマズいぞ」というレベルの状態。
よくぞここまで回復したなと、しみじみと思いました。

念のため、ピロリ菌がいないかどうかもう一度検査をして、いたら除去することにしました。


大腸カメラについて

大腸カメラは予約が混んでいるということで、2月にやることになりました。

大腸カメラは手術前の検査でも一度やっていて、そのときは「全く問題なし」という診断でした。
最近、ちょっと便秘気味です。
なんかそれも関係あるのかな?

CA19-9 の数値が基準値よりも+8だった理由は今だに不明ですが、私としては年越し前に自分の胃の状態を目視できて少し安心しました。
すべての災いの根源ですからね。


まもなく38歳に

年が明けると、私は誕生日を迎えます。
38歳です。

がんになる前は、自分のことを前向きで楽天家な性格だと思っていましたが、それは違いました。
「なんで私がこんな目に合わないといけないの?」という怒りが恨み、つらみ、妬み、僻みの感情に変わり、時には爆発することもありました。

あと、結婚して子供ができなくて…
でも、それはそれで致し方のないことだと(人生何でもかんでも上手くいくわけないじゃんという)頭では納得していましたが、そんな中がんが見つかったことはダブルパンチとなって、私を完全に叩きのめしました…



ただ、ここ数ヶ月はかなり気持ちは落ち着いてる方です。
自分で自分のご機嫌をとるのも上手になってきたし、どんなときも家族が支えてくれて有り難いです。

冷静に考えたら、40近くにもなって無傷で生きていられることなんてほとんどありませんよね。
普通の顔して生きている人も、腹の中には何かしら抱えているものだってあるはず。



12月はたくさん悲しいことばかり考えて過ごしていたので、楽しい予定を入れて、また前向きな気持ちで過ごしたいと思います。
SFC修行のこと、結婚記念日旅行のこと、夏休みの旅行のこと…
旅行のことばかりですが笑、旅の予定を立てるのが好きなので、気持ちがとっても上向きになります。

そんなことをしつつも、これからのことについても少し真面目に考えたりして…
まぁ、おいおい、ぼちぼち、頑張ります。
とにかく夜寝るとき、朝起きたときがしんどくなくなったので、それが一番うれしいです。


今日は義実家からお正月セットをいただきました。

f:id:do-mox:20171230192457j:plain

f:id:do-mox:20171230192641j:plain

美味しく食べ物を頂ける精神状態になって本当に良かったです。
明日から夫も休みに入るので、一緒に楽しく過ごしていきたいです。

それでは、良いお年を!