35歳でスキルス胃がんになった。その後。

結婚後、不妊に悩み、病院での治療を決心した矢先、35歳でスキルス胃がんになりました。TS-1の副作用により涙道が閉鎖し、常に涙が目からあふれ出ている状態です。

術後1年9ヶ月:現在の体調

すこぶる元気にしています。

最近よく思うのですが、自宅でマイペースに生活しているときが一番体調が良いなと。

ずっと引きこもりもよくないので、1週間に1~2回は用事を作って外出するようにはしていますが、以前あった仕事したい欲も今はどこへやらです。



以前は『がんになったけど、それを乗り越えて、何か立派なことを成し遂げる人にならないといけない』みたいな、いわゆる感動ポルノ~がん患者ver~を地で行こうとしていましたが、そういうのキッパリ止めました。

「私、立派じゃないし」って。笑

立派な人になるよりも、心も体も健康に過ごして、少しでも長く家族と一緒にいられるようにすることの方が大事です。


今は手帳に予定を書いたり、思いついたことを書いたり、欲しいものを書いたりするのが楽しいかな?

先の予定が見える…というのが心地良く感じるタイプなのです。



最近の悩みは犬が歩いてくれないことです。

今までは毎日30分ほど犬の散歩をしていましたが、今年の夏は天気が悪いのもあって、犬が散歩に行きたがらなくなりました。

カラッと晴れた日は比較的気分が乗るようですが、(気温が低くても)湿度が高い日や曇りの日などは『ぼく、散歩にいかなくていいやぁ』モードになります。

来年の1月で11歳になる犬なので、仕方ないといったら確かにそうですが、私としては1日に1回は体を動かしたいので、どうしたものかなぁと思っています。





励みになります。いつも応援ありがとうございます。
読者登録もどうぞお気軽に。

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村