35歳でスキルス胃がんになった。その後。

35歳でスキルス胃がんになりました。抗ガン剤TS-1の副作用により涙道が閉鎖し、常に涙が目からあふれ出ている状態です。

スキルス胃がん患者の経験から|胃ガン手術入院中の過ごし方

アマゾンプライムビデオがここ数日不調でした。

映像が再生されない…画面がクルクル状態で、不自由しました。

毎日見ているわけではないですが、見たいときに見られないって嫌ですよね。



アマゾンプライムビデオとは深い結びつきが私にはあります。



2015年12月の入院時、私はアマゾンプライムビデオで有り余る時間をやり過ごしていました。

病院の朝は早く、朝6時には放送が入り、検温・血圧測定、点滴交換などがあります。

その後、7時半頃に食事があり、9時には回診があります。

それが終わると、シャワーを浴びたリ、着替えたり、病院内を朝の散歩をしたりしますが、時計を見るとまだ10時過ぎ…

時間が過ぎるのがとても遅く感じました。

術後数日は熱も高く、傷の痛みでそれどころではありませんでしたが、特に食事が取れるようになってからは、日中の起きている時間が増え、その時間の過ごし方に非常に苦慮しました。


時間つぶしのための本や漫画を何冊か持ち込んでいましたが、片手に点滴をしているので、自由に動かせません。
そのため、ページをめくるのが大変だったのと、背中が痛い(リンパ節をたくさん取ったから?)ため、本を片手で支えるのが思いのほか大変でした。



そんなときに一番ラクチンだと思ったのが、iPadで映画や海外ドラマを見ることでした。

病院はもちろんWifi環境ではありませんが、アマゾンプライムビデオにはダウンロード機能があるので、自宅で見たいと思うものをダウンロードして持っていっていました。


入院中に主に見ていたのは『24』です。
ジャックバウワーのやつです。笑

シーズン6・7を入院中に見ていました。

ご覧になったことがある方ならご理解いただけるでしょうが、見始めると止まりませんよね?
目が離せない展開で、かなり集中してみることができました。



術後は病理検査の結果が分かるまで、とてもナーバスになってしまう時期でした。

結局、手術をして、実際に目で初めてわかることも多いので、「予想以上に悪かったらどうしよう」という気持ちが消えませんでした。

ただ、そのことばかりを考えている訳にもいかず…

こうやって、気分転換(現実から目をそらす?)しつつ、20日間の入院生活をやり過ごしました。


www.will-survive.life

www.will-survive.life


◎読者登録はお気軽にどうぞ◎

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村