35歳でスキルス胃がんになった。その後。

35歳でスキルス胃がんになりました。抗ガン剤TS-1の副作用により涙道が閉鎖し、常に涙が目からあふれ出ている状態です。

スキルス胃がん 術後1年8ヶ月:現在の症状

2015年の12月、35歳のときに胃がんの手術をしました。

確定したステージは2b。低分化型のスキルス胃がんと診断されました。

1年間のTS-1による抗がん剤治療を経て、現在経過観察中です。

胃がん手術後 最近の体調について

先日、イッチョマエに夏風邪を引きましたが、数日間咳が出たけど、市販薬で治りました。

それ以外は健康そのもの。どこも痛いところはありません。
食べ物も何でも食べています。

メンタルも良好です。
なんだか最近楽しいことばかり。

いじけないように自分で自分の気持ちのコントロールができるようになったのが大きいかな。
油断すると、またいじけた気持ちがムクムクと湧いてきてしまうけど、それを早めに叩きつぶす術を私は覚えました。

最近、考えていること

ネイルをどんな風にしようかとか
また飛行機で旅行にいきたいなぁとか
来年はSFC修行もしてみたいなぁとか
サッカー楽しいなぁとか
柏に行きたいなぁとか
秋にどんな服を着ようかとか
アラフォーでGジャン着てもいいのかしらとか
今年こそジョンストンズのストールを買うぞとか
今度どこに夫と飲みに行こうかとか
きゅんきゅんたちの成長とか
リファで必死に顔をマッサージしてアンチエイジングしている自分とか

バカっぽいけど、良いんだ今はこれで。
楽しいから!

最近、悩んでいること

抗がん剤治療中は1日5食を食べても太りませんでした。

もちろん食べる量が少なかった、下痢が頻繁にあったということもありますが、人工的な砂糖の甘味が気持ち悪かったり、お醤油の味がしなかったりなどの味覚障害があったのと、食べ物を飲みこむときにのどの奥につっかえるような感覚も食が進まなかったことに影響しています。

ただ、抗がん剤治療終了後は、食べたら食べただけ、私の血となり、肉となるようになりました。
人間の身体にとっては当たり前のことだけど、「食べなければ痩せてしまう」という強迫観念にしばられた1年から、完全に脱却するには時間がかかってしまっており、今でも1日中、食べることばかり考えて生活してしまいます。

胃がん手術前は、いわゆる中肉中背でしたが、手術後は美容体重と呼ばれるレベルまで痩せたので、ボトムスはすべてSサイズに買い替えました。
それが、最近太もも、お尻周りが『ぱっつぱつ』な状態になっています…

このまま元の体型に戻った方が良いものなのか、悩むところです。
食べる量とタイミング、運動量など、きちんと自分にあった形を見極めていかないといけないと感じています。



◎読者登録はお気軽にどうぞ◎

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村