35歳でスキルス胃がんになった。その後。

結婚後、不妊に悩み、病院での治療を決心した矢先、35歳でスキルス胃がんになりました。TS-1の副作用により涙道が閉鎖し、常に涙が目からあふれ出ている状態です。

頂いたコメントについて

初めてコメントをいただきました。
この記事でお返事しようと思います。

頂いたコメント

>>質問です。 私も同じ胃がん患者で未分化でした。 これまでのブログを見る限りスキルスとは断定できてきないように感じます。 医者からスキルスと宣告されたんでしょうか? 未分化=スキルスじゃないですよ。

私からのお返事

まずは私のブログを読んでいただいてありがとうございます。

自分の病気についてですが、詳しいことはすべて夫に任せているので、詳細な胃がんの定義については私自身よく分かっていない部分が大きいと思います。

ただ確かなのは、最初の内視鏡での検査で低分化の胃がんだと診断され、術後の病理検査でもステージ2bの低分化だと診断されました。
その際に、担当医(消化器外科部長)には「広義の意味でスキルスです」と言われています。

私はそのときまでまさか自分が「スキルス」だとは思っていなかったので、非常に強いショックを受けたのは今でも忘れられません。
その後、夫が「スキルスだからって、必ず死ぬわけじゃないからね」と私を落ち着かせようと必死にフォローしてくれたことも覚えています。

医学的な定義・解釈については私の立場からは議論のしようがありませんので、これ以上のご質問はご容赦願います。

しかし、『広義』という注釈は付きますが、スキルスはスキルスですよね?
もしcalkin1112さんのおっしゃる通り違っていたら、どんなに良いことかと思います。

さらに言うと、担当医が『広義』という注釈付きでも、スキルスということを私に伝えたかったのには何か意味があったのだと思います。
直観的にですが「予後が悪い」ということではないかと私は解釈しました。
いまのところ私は元気ですが、今後その意味を深く知ることになるのかもしれません。


私が最初に書いた『病歴』という記事にもそのことを書いていましたが、説明不足の感も否めず、その点はお詫び申し上げます。

www.will-survive.life




励みになります。いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村