35歳でスキルス胃がんになった。その後。

結婚後、不妊に悩み、病院での治療を決心した矢先、35歳でスキルス胃がんになりました。TS-1の副作用により涙道が閉鎖し、常に涙が目からあふれ出ている状態です。

妊娠している人がうらやましいという気持ちが消えない

朝起きて、ネットのニュースを開くと、誰かしら妊娠しただの、出産しただのというニュースを目にする。

朝から鬱になる瞬間だ。
「所詮、他人事だ」と何度念じても、うらやましいという気持ちが消えることはない。

空っぽの子供部屋

5年前、新興住宅街に家を建てた。子供部屋は2つ。

近くに保育園がある。小学校は少し遠いが、中学校になると少し通学は楽になる。
高校は遠くはなるが、夫の母校に行ってくれればいいなと思っていた。


www.will-survive.life


答えがない答え

がん患者が子供を作ることって、無責任だよねって思っている。
(もちろんこれは私個人の考え方であって、ほかの人のことをどうこう言うつもりはない。)

リンパ節転移があって、化学療法をして、今は特に体の異常は感じていないけど、再発・転移のリスクは付きまとう。
もし産めても、育てられないかもしれない。

夫に託して死ぬ?
母親の愛情を知らない子になる?

「死ぬかも」と強く自覚していながら、子供を産む。「ほら、やっぱり私は無責任な母親になるではないか。」と自分で答えを導き出す。
それで私は納得するつもりなのだ。だって、それが自分で出した答えなのだから。

でも、うやらましい気持ちは消えない。
何度も自問自答を繰り返しても、消えない。

相談したい

自問自答を繰り返すだけではもう埒が明かないと思っている。
誰かに相談したい。
でも『がん患者だからといって、あきらめちゃダメだ』みたいなことを言われるのが一番腹が立つ。

そんなの分かっている。
でも、現実問題、数年以内に死ぬ可能性が普通の人よりは高いということからは目はそらせない。

私はただ背中を押してもらいたいだけだ。
『間違っていないよ』って言ってもらいたいだけだ。





励みになります。いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村