35歳でスキルス胃がんになった。その後。

結婚後、不妊に悩み、病院での治療を決心した矢先、35歳でスキルス胃がんになりました。TS-1の副作用により涙道が閉鎖し、常に涙が目からあふれ出ている状態です。

がんを告知する医師の目線|スキルス胃がん患者の経験から

www.will-survive.life

www.will-survive.life

<改めて、兄からのメール>

・現在の癌治療の主軸となる考え方は、「統計学的」に最も有効な成績の得られた手法を最善とする方法を取ることにある。

・患者自身の「生活の質」については、なかなか科学的な検討の対象になり得ないため、今のところ生存率を中心とした治療体系の主軸に大きな影響を及ぼすまでには至っていない。

・あくまでも医師から提案される治療法は「医療を提供する側」から見た、癌に対する最善の対応の仕方についてであって、患者がそれに従うか、従わないかはまだ別の問題として考える。

兄からのメールをまとめるとこのようなことが書いてあった。

忙しい中、私が分かりやすいように丁寧に書いてくれて感謝している。
医師としての役割と責任を背負った兄の言葉であるということも理解している。

でも、そのときの正直な気持ちを言うと、このメールは私が欲しかった言葉ではなかった。
例え「統計学的に」「科学的根拠をもとに」だったとしても、自分の命の期限や生存率を知らされ、絶望のどん底に突き落とされる過程は避けられようもないということを告げる内容だったから。
ステージを知ってしまったら、5年の生存率もわかる。自分が生きる方に入るのか、死ぬ方に入るのか、毎日恐れながら生きていかないといけないんだと…それは絶対に覚悟しなければいけないことなのか。

<「死」が突然目の前に>

わたしは自分の命の期限を知ることに、ものすごい大きな恐れを抱いていた。

だって、35歳で死ぬなんて思っていきてきていないし!!(誰だってそうだと思うけど)
不妊で辛かったけど、夫との結婚生活は幸せだったし、誰かの役に立てていると思って頑張れた仕事も好きだった。
それがあと1年?2年?3年?…ですべてが終わってしまうのかと思うと、今まで築いたものは何だったのか、それがすべて無駄に?
そしてこれから死ぬまでの間、一体何を思って生きていけばよいのか、全く見当が付かなかった。

夫にもこの気持ちを伝えた。
「深刻な状態だということは理解しているし、治ると信じて治療はしていきたいけど、生きることに絶望してしまうような内容の話は聞きたくない」

夫は私の気持ちを理解してくれた。
そして「ステージとか、あともし余命とかの話があっても、聞かなくて済むようにできないかな?」と言って、色々と手を尽くしてくれた。

しかし、今後病院で治療を受けるには、医療者と患者間のインフォームドコンセント、つまり説明と同意がかならず必要になってくる。そのため、その説明を患者側が拒否することは叶わないという結論となった。

目をつむり、耳を塞いで、現実を無視することはできないのだ。


<11月27日 最終告知>

いつもの診察室で、前回内視鏡検査を担当した医師から淡々と説明を受けた。

病理組織検査とCT検査の結果

・低分化型
・大動脈付近のリンパが腫れているようだ
・胃の3分の2を切除
・根治を目指した手術をする

ステージに関しては、医師は自ら言及しなかったが、夫が「ステージは?」と質問した。

『あれ?私は知らなくていいとか言ってなかった?本人の前で聞いちゃうわけ?』と心の中でツッコミを入れた…
後から夫に聞いたら「だって、オレはステージを知りたかったし」って…おい。

ただ、私は医師の口から「根治を目指します」という言葉が聞けて、とてもうれしかったことを覚えている。
『まだ、チャンスはある』そう言われた気がしたのだ。



カテゴリー:告知~手術前 完

☆励みになります。よろしくお願いします☆

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村