35歳でスキルス胃がんになった。その後。

結婚後、不妊に悩み、病院での治療を決心した矢先、35歳でスキルス胃がんになりました。TS-1の副作用により涙道が閉鎖し、常に涙が目からあふれ出ている状態です。

私は毎日こんなことを思って生きてます。

今週のお題「自己紹介」


私はいま毎日こんなことを思って生きてます。


両親へ  『親より先に死ぬかもしれません』ごめんなさい。
義両親へ 『孫の顔を見せられません』ごめんなさい。
夫へ   『あなたの人生まで狂わせてしまいました』ごめんなさい。
友人たちへ『本当の気持ちを話せません』ごめんなさい。


35歳でがんを告知されました。
不妊で悩み、病院で治療を始めようと決心した矢先でした。
現在の状況は「根治が期待できるギリギリの線上にいる」と担当医に言われています。

もともとはすごく前向きな性格でした。
「やらないで後悔するより、やって後悔する方がよい」と思って、興味のあることにどんどん打ち込んでいくタイプでした。
でも、今は常に『死』を意識しながら生きることの辛さと私の人生をがんに滅茶苦茶に壊されてしまったという被害者意識の中だけで生きてしまっています。

でも、そんな自分を変えたいな。と強く思います。
そして、支えてくれる人たちのためにも、『明るく、元気良く!』毎日を過ごしていきたいな。


www.will-survive.life



☆励みになります。よろしくお願いします☆

にほんブログ村 病気ブログ スキルス胃がんへ
にほんブログ村