35歳でスキルス胃がんになった。その後。

結婚後、不妊に悩み、病院での治療を決心した矢先、35歳でスキルス胃がんになりました。TS-1の副作用により涙道が閉鎖し、常に涙が目からあふれ出ている状態です。

TS-1の副作用

TS-1の後遺症:現在の流涙の状態

TS-1を1年間服用して、涙道が閉鎖してしまった。 そのため、涙が目からあふれ出る「流涙」の症状に悩まされている。唯一の解決法としてはガラス管を埋め込み、涙道の代わりにする手術がある。 しかし、その手術によって引き起こされるデメリットを引き受ける…

2016年5月振り返り:支えられるだけではダメなんだ

昨年の5月の日記を読み返すと、TS-1の服用スケジュールと副作用が強くでるであろう時期の予測がこと細かに書いてあった。 この時期は日中の気温は20度を超えるのに、体が冷えて冷えて仕方がなかった。足元が寒くて寝付けずに、夫に湯たんぽを作ってほしいと…

TS-1を飲む前に。患者が知っておくべきこと:TS-1の副作用

私はリンパ節転移が2か所あったので、術後1年間TS-1という抗がん剤を服用した。術後の病理検査結果の説明を受けたとき、再発・転移の予防のために医師からTS-1で化学療法をした方が良いと言われた。 ただ、これはあくまでも「提案」という形で、決めるのは私…

デメリットも引き受けるか、障害とともに生きるか:TS-1の副作用④

一生体に残る障害に TS-1を服用して流涙の症状がでてきたら 流涙の検査と治療法 流涙を治す唯一の道『ジョーンズチューブ手術』 今の結論 一生体に残る障害に 涙が目から溢れている『流涙』と言う症状と一生付き合っていかなければいけなくなった。 担当医師…

流涙と涙道閉鎖、自分が可哀想だと嘆く人生:TS-1の副作用③

家族以外には秘密にしていること いま苦しんでいること 流涙、涙道閉鎖に対する眼科医の見立て 内視鏡手術の結果 家族以外には秘密にしていること 実は私はがんになったことを家族以外には誰にも話していない。 ただでさえ自分が受け入れられていないことを…

シミだらけになった顔と薄毛(閲覧注意・画像あり):TS-1の副作用②

私はリンパ節転移が2か所あったので、術後1年間TS-1という抗がん剤を服用した。 これはがんの治療のためではなく、再発・転移の予防のためのものだ。 (TS-1の服用により、生存率が10%程度上昇すると言われている。) TS-1の服用は2015年1月~2016年12月ま…

腸の激しい蠕動運動と腹痛:TS-1の副作用①

私が経験したTS-1の副作用について書いていこうと思う。 実はこれが1番ブログに書きたかったことなのかもしれない。私はリンパ節に2カ所の転移があったので、TS-1での追加の化学療法を2016年1月13日からスタートした。 手術をしたのが前年の12月9日だったか…