35歳でスキルス胃がんになった。その後。

結婚後、不妊に悩み、病院での治療を決心した矢先、35歳でスキルス胃がんになりました。TS-1の副作用により涙道が閉鎖し、常に涙が目からあふれ出ている状態です。

術後~1年目

2016年5月振り返り:支えられるだけではダメなんだ

昨年の5月の日記を読み返すと、TS-1の服用スケジュールと副作用が強くでるであろう時期の予測がこと細かに書いてあった。 この時期は日中の気温は20度を超えるのに、体が冷えて冷えて仕方がなかった。足元が寒くて寝付けずに、夫に湯たんぽを作ってほしいと…

胃がん手術後の下痢の症状を抑える工夫3つ

胃がん手術後、一番大変だったのが食事だ。術後、食べられる量は極端に減る。 入院前の体重が52キロ→退院するとき47キロ→自宅に戻って1ヶ月で42キロになった。体重が減ってしまった理由は食べられる量が少ないことと1日3回以上は必ず起きる下痢だった。 酷い…

スキルス胃がん。術後1年4ヶ月、現在の状況

2015年12月に開腹手術を行い、1年4ヶ月経った。 幽門側に腫瘍ができたスキルス胃がんだった。不幸中の幸いで、発見時、胃の上部にはまだ浸潤は及んでいなかったので、胃の3分の1を残すことができた。 医師からは「あと半年遅かったら、胃全体が癌で覆われて…

術後の何を食べたらいいのかわからない状態|スキルス胃がん患者の経験から

二十日間の入院生活の後、2015年の年の瀬に私は自宅に戻ることができた。飼っていた犬は実家の両親に預けてある。夫との久しぶりの2人きりの生活。 1番の心配は自分の食事についてであった。退院前に病院で栄養士による食事指導があった。 ダンピング症候群…

胃がん手術後、病理検査の結果|スキルス胃がん患者の経験から

2015年12月24日病理検査の結果が分かる日はクリスマスイブだった。胃がんの治療はがんのステージによって大きく異なる。 胃がんのステージは「がんが胃壁にどれだけはいりこんでいるか」「リンパ節や多臓器へ転移しているか」によって決まってくる。 手術前…

看護師が書いたメモ書きを見てパニックになった

私のがんの手術について 入院中に読んだ黒木奈々さんの手記 パニックを起こした原因となる一枚のメモ書き 私のがんの手術について 私のがんは胃の下の部分(幽門側)にあったため、手術の術式は幽門側胃切除術と言うものだった。 周囲のリンパ節とともに胃を3…

不妊とがんは心の有り様まで壊す|スキルス胃がん患者の経験から

2015年12月に胃がんの開腹手術を行い、20日間の入院生活を送った。 手術自体は2時間ほどで終了し、輸血の必要もないほど、少量の出血で済んだ模様。 2日ほど集中治療室に入り、3日目に病室に移った。 人生初の入院 入院中イヤだったこと 不妊とがんは心の有…